おせち通販で中国産と合成着色料が不使用の安心お店まとめ

健康に気を使っている方は中国産や、合成着色料に敏感ですよね。そんな方々のために、どちらも不使用で、安心して食べられる通販できるおせち料理をまとめました。

知っておきたい!お正月の豆知識

年越しそば
江戸では脚気が流行していましたが、蕎麦を食べる事でその予防になるという巷説があり、好まれて食されました。
年越しに蕎麦を食べる理由は蕎麦のように長く生きる為、という一説があります。
そのため、わざと伸びた状態にして食べるのが縁起担ぎとしていいと言われています。

初詣
日本には古来「年籠り」という風習がありました。
これは一家の主たるものが大晦日から元旦にかけて、氏神の社(現代で言う神社)に籠って平和を祈願するものでした。
これが段々「除夜詣」「元旦詣」と分離し、前者が様々な変遷を経て現在の形に成ったと言われています。

お屠蘇(おとそ)
一年間の邪気を払い、無病息災、不老長寿を狙って飲むお酒、もしくはその風習の名前です。
7世紀の中国で始まった、またはそれよりも昔の三国時代に始まったと色々な説があるようですが、現代中国では既に廃れたようです。
日本では平安時代にはあり、宮中行事などにも用いられていました。
薬湯の一種であり、現実的な薬効もあるようです。

お年玉
お正月には歳神さまが下界に降りてくるという言い伝えがあります。歳神さまを迎え入れるため、門松を立てて鏡餅を供えました。その供えた餅をお下がりとして子供たちに食べさせたことがお年玉の始まりとされております。

門松
お正月には歳神さまが下界に降りてくると言われております。門松は歳神さまが下界に降りてくるときの目印です。また,樹木に神が宿ると考えられていたため,年神さまの依り代としての意味もあります。年神さまを家に迎え入れるために門松を飾ります。

Copyright © 2009 おせち通販で中国産と合成着色料が不使用の安心お店まとめ. All rights reserved